背景

図解 戦闘機の戦い方の商品詳細

Loading

現在のカゴの中現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

検索条件書籍を探す

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

ログインログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

会員登録会員登録

図解 戦闘機の戦い方

■内容紹介
【特徴1】
現代の戦闘機が“実際にどのように戦うのか”を250点以上の図解で解説!

・パイロットはどのようにレーダーなどの計器を読みとり、どのような操縦をする?
・目視外の距離でどのようにECMを使い、どのように敵をロックオンする?
・迫り来るミサイルをどのように回避する?
・格闘戦ではどのような編隊を組んで、どのような空中機動を行なう?

【特徴2】
これまであまりフォーカスされてこなかったが、戦い方を理解する上で必要なステルスやレーダー、ECMなどの原理、空戦の力学も徹底解説

【特徴3】
リアルを追求した戦闘シミュレーションも収録
・索敵から目視外戦闘、格闘戦までリアル(F-16編隊 vs.Su-27)
・ステルス機(F-35)の対地侵攻作戦
・ステルス戦闘機同士の空戦(F-22 vs. J-31)
・対艦攻撃作戦(F-2 vs. 中国機動部隊)

一歩深く知りたい戦闘機ファンのための1冊!!

【目次】
第1章  戦闘機とは何か?
第2章  戦闘機の構造
第3章  アビオニクスの科学
第4章  兵装の科学
第5章  戦闘機の力学
第6章  [シミュレーション①]空対空戦闘のプロセス
第7章  [シミュレーション②]空対地攻撃&ステルスvs. ステルスのプロセス
第8章  [シミュレーション③]空対艦攻撃のプロセス

【著者略歴】
毒島 刀也(ぶすじま・とうや)
1971年、千葉県生まれ。1994年、日本大学工学部機械工学科卒業。卒業後、ミリタリー誌「Jウイング」(イカロス出版)、航空雑誌「エアワールド」(エアワールド)の編集者として勤務。2004年より、フリーランスの軍事アナリスト、テクニカルライターとして活動。
著書に『陸上自衛隊「装備」のすべて』『世界の傑作戦車50』『M1エイブラムスはなぜ最強といわれるのか』(サイエンス・アイ新書)、『戦車パーフェクトBOOK』(コスミック出版)、監訳書に『ヴィジュアル大全 航空機搭載兵器』(原書房)、翻訳書に『図説 世界戦車大全』(原書房)など。

■目次
はじめに

第1章  戦闘機とは何か?
1-1  戦闘機の任務
     戦闘機の最重要任務とは?
1-2  多様化する任務
     戦闘機の対空以外の任務とは?
1-3  空中戦の変遷
     求められる資質はどう変わった?
Column1  無人機の限界——空戦用の無人機は今後生まれる??

第2章  戦闘機の構造
2-1  戦闘機の構造
     戦闘機のパーツ解説
2-2  FBW/RSS
     FBWで空戦はどう変わった?
2-3  CCV
     CCVで機動はどう変わる?
2-4  グラスコクピット
     グラスコクピット化はなぜ重要?
2-5  MFDの見方
     MFDはどのように見ればよい?
2-6  HUD/HMD
     HMDで照準可能範囲が無限に?
2-7  与圧装置/射出座席
     射出されても助からない?
Column2  HOTAS ——パイロットにとって本当に便利?

第3章  アビオニクスの科学
3-1  レーダーの基礎
     レーダーのメカニズムとは?
3-2  レーダーの索敵距離
     どの距離まで索敵できる?
3-3  レーダーの限界
     画面に映るのはノイズばかり?
3-4  レーダーの種類
     各レーダーの特徴と仕組み
3-5  レーダーの捜索範囲とモード
     実戦でレーダーをどう使う?
3-6  IRST/合成開口レーダー
     レーダー以外のセンサーとは?
3-7  ECM
     電子戦では何が行なわれる?
3-8  ECCM
     電子攻撃を仕掛けられたら?
3-9  自己防衛装置
     敵に狙われたらどう対処する?
3-10 ステルスの原理とRCS
     ステルスで空戦はどう変わる?
3-11 ステルス機の仕組み
     ステルスを構築する要素とは?
3-12 ステルス機の運用
     「ステルスなら安全」は本当?
3-13 ステルス機への対策
     ステルス機の発見方法とは?
3-14 GCI/AWACS/データリンク
     なぜAWACSは強力な戦力なのか?
3-15 航法
     どのように位置を測るのか?
Column3  対応兵装の実際 ——「装備可能」と「実戦で使用可能」は違う??

第4章  兵装の科学
4-1  対空ミサイル(1) 基礎
     ミサイルにはどんな種類がある?
4-2  対空ミサイル(2) レーダー誘導
     どのように誘導されるのか?
4-3  対空ミサイル(3) 赤外線誘導
     技術の進化で格闘戦が激変!?
4-4  対地ミサイル/誘導爆弾
     誘導爆弾が戦争を一変させた?
4-5  対艦/対レーダーミサイル
     空対艦攻撃は現実的な作戦か?
4-6  機関砲/レーザー
     格闘戦で機関砲は意味がある?
4-7  各種ポッド
     ポッドはなぜ便利なのか?
Column4  射程の嘘 ——カタログの射程は誇大広告??

第5章  戦闘機の力学
5-1  格闘戦の必要性
     現代でも格闘戦能力は重要?
5-2  揚力と抗力
     揚力を確保しすぎると失速?
5-3  旋回
     小さく早く旋回するためには?
5-4  旋回率
     小さい旋回 vs. 速い旋回?
5-5  旋回に適した機体設計
     高迎え角でも失速しない方法
5-6  超音速と音の壁
     スーパークルーズは空戦で有利?
5-7  エネルギーと機動(E-M理論)
     「機動エネルギー」とは何?
5-8  E-M線図の読み方(1)
     「旋回性能」を読み解く
5-9  E-M線図の読み方(2)
     旋回対決 F-15 vs. Su-27
5-10  フライトエンヴェロープ
     飛行性能の限界を読み解く
5-11  H-M線図の読み方
     無駄なく急上昇する方法とは?
5-12  数字に出ない能力
     勝負は機体性能で何割決まる?
Column5  F-16以前と以後の機体設計 ——F-15は第4世代戦闘機とは言えない!?

第6章  [シミュレーション㈰]空対空戦闘のプロセス
6-1  前提条件
     F-16Cの空戦用装備
6-2  索敵
     編隊での索敵方法とは?
6-3  操縦席からの視界
     僚機の後方に敵を発見したら?
6-4  2機編隊
     「2機編隊」の隊形とは?
6-5  出動
     無線ではどのように会話する?
6-6  4機編隊
     「4機編隊」の隊形とは?
6-7  中距離ミサイル戦(1)
     レーダーモード を選ぶ基準
6-8  中距離ミサイル戦(2)
     ミサイルは回避できるのか?
6-9  中距離ミサイル戦(3)
     ミサイルでの敵機の狙い方
6-10 中距離ミサイル戦(4)
     撃墜確率はどれほどなのか?
6-11 格闘戦への移行
     格闘戦はどこから始まる?
6-12 会敵
     どの距離から有視界戦闘に?
6-13 格闘戦(1)
     格闘戦用レーダーモードとは?
6-14 格闘戦(2)
     2機編隊で背後を取られたら?
6-15 格闘戦(3)
     ロスの少ない機動とは?
6-16 格闘戦(4)
     性能差は腕でカバーできる?
6-17 格闘戦(5)
     パイロットが心すべき勘所
6-18 格闘戦(6)
     実戦で当てられる射程は?
6-19 格闘戦(7)
     「2対1」の状況を作り出す
6-20 防御機動
     味方の数が少ない場合には?
Column6  新機能の真贋 ——推力偏向ノズルは本当に格闘戦で有効?

第7章  [シミュレーション㈪]空対地攻撃&ステルスvs. ステルスのプロセス
7-1  前提条件(1)
     F-35の対地能力のポテンシャル
7-2  前提条件(2)
     「ステルス機同士の戦い」とは?
7-3  ストライク・パッケージ(1)
     敵防空網によって変わる編制
7-4  ストライク・パッケージ(2)
     ステルスで攻撃手順が変わる?
7-5  ストライク・パッケージ(3)
     ステルス編隊の侵入方法とは?
7-6  侵入(1)
     侵攻作戦の開始までの過程
7-7  侵入(2)
     SEADをいかに仕掛けるか
7-8  侵入(3)
     目標近くになったら何をする?
7-9  侵入(4)
     稜線に隠れながら飛ぶ方法
7-10 爆弾投下(1)
     どのように投弾照準をつける?
7-11 爆弾投下(2)
     爆撃時は編隊をどう分ける?
7-12 爆弾投下(3)
     損害を抑える爆撃時の編隊
7-13 爆弾投下(4)
     目標の手前では何を準備する?
7-14 ステルス機 vs. ステルス機(1)
     ステルスはレーダーにどう映る?
7-15 ステルス機 vs. ステルス機(2)
     空戦でのステルス機の捉え方
7-16 ステルス機 vs. ステルス機(3)
     ステルス機のロックオン方法
Column7  目に見えない舞台裏の戦い ——重要なのは「性能」ではなく「事前の情報」??

第8章  [シミュレーション㈫]空対艦攻撃のプロセス
8-1  前提条件
     F-2 vs. 中国空母機動部隊
8-2  対艦攻撃(1)
     対艦攻撃のための準備とは?
8-3  対艦攻撃(2)
     撃てる距離までどう近づく?

索引

  • NEW
商品コード: a020018

図解 戦闘機の戦い方

販売価格(税込): 1,620
  • 数量:

『図解 戦闘機の戦い方』書籍詳細

---------------------------------------------------
【書誌データ】
---------------------------------------------------
タイトル:『図解 戦闘機の戦い方』
著者  :毒島刀也
出版社 :遊タイム出版
価格  :1500円+税
ISBN  :978-4860103491
仕様  :A5判ソフトカバー、192ページ
発売日 :10月3日

本の感想のコメントお待ちしています。
遊タイム出版
本社
〒577-0067 東大阪市高井田西1丁目5番3号
Tel : 06-6782-7700  Fax:06-6782-5120
東京支社
〒141-0031 東京都品川区西五反田7丁目22番17号 TOCビル3階
Tel : 03-6417-4105  Fax:03-6417-3429